Photo 19 Sep 18 notes 九谷焼に漆器、伝統工芸コラボの「サザエさん」グッズが「みんなのサザエさん展」にて発売中!|ローカルニュース!(最新コネタ新聞)石川県 加賀市|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する
Photo 19 Sep 5 notes zaiga:

2chan.net [ExRare]

zaiga:

2chan.net [ExRare]

Photo 19 Sep 銀座線1000系3D電車ケーキ | メトロの缶詰(東京メトログッズ・電車ケーキ・鉄道グッズ通販サイト)
Photo 18 Sep 168 notes hutaba:

キャッチフレーズは「まずい魚」「宮内庁御用なし」!高田馬場「青柳」でどれだけまずいのか確認してみた : NewsACT
Video 16 Sep 293 notes
via Re88.
Photo 15 Sep 6,953 notes

(Source: crash--bandicoot)

via izmix.
Quote 9 Sep

・ある程度、じぶんのいる世界で経験を重ねた人たちが、こういう人間が望ましいということを語るとき、ほぼ100%に近く「素直であること」を強調する。そういうぼくも、それを言うことが多い。

「素直」というのは、どういうことか。聞くひとによっては、「体制順応」ということばを思い出すだろう。現状肯定的で、批評精神のないもののことを、「素直」であるとしてよろこぶのだな、と。それは、それで一理あるかもしれないなぁ。先輩たちの言いなりになる若い人のことを、「素直」だとして尊ぶという場合もあるとは思う。それは、よくわかるのだが、それは「素直」の一面だったり一部分だったりなのだ。

どこがちがうんですか、と思うよね。ぼくだって、どこがちがうんだろうと考えてきた。どうして、ずっと考えてきたかといえば、どこかちがうと思うけれど、とてもよく似ているからだ。「先輩や師匠、上司だとか先生の言うことを、素直にきくものは、よろこばれる」ということと、「成功する人や伸びる人は、素直なんだよなぁ」ということとは、とてもよく似ているのだ。

どちらも、じぶんが変化させられることをいやがらない。なにかについて、素直にきくということは、じぶんのそれまでの方法や考えとは、ちがう要素が入り込むということである。そのせいで、これまでの考えややり方を、変えなければならなくなるというわけだ。その変化を怖れないということが、「素直」の背骨としてあると思うのだ。

そして、その後、先輩や師匠に依存したままどんどん染まっていくのが、ひとつの場合なのだろう。先輩や師匠によって変えられた考えや方法を肉付けにして「じぶん」をつくっていくのが、もうひとつの場合なんじゃないかな。後者の「素直」は、先輩にとっても意味があるよね。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。飲みこんでも吐き出せるという胃腸が、素直の底力かもね。

— 

(Source: 1101.com)

Photo 8 Sep 312 notes odaimo9:

三重.海の博物館展示作品。 励まされる作品でした。 福田繁雄氏http://rcc.recruit.co.jp/co/exhibition/co_tim_200811/co_tim_200811.html

odaimo9:

三重.海の博物館展示作品。
励まされる作品でした。
福田繁雄氏
http://rcc.recruit.co.jp/co/exhibition/co_tim_200811/co_tim_200811.html

via PETAPETA.
Photo 4 Sep 8,442 notes
Video 3 Sep 166,852 notes

(Source: gifsboom)

via ju:kimblr..

Design crafted by Prashanth Kamalakanthan. Powered by Tumblr.